週刊マネーライフナビ Weekly Moneylife Navi

配偶者控除・配偶者特別控除が改正されます

2017/12/16

こんにちは!田中です。

来年から、配偶者控除・配偶者特別控除が改正されます。
今回はその概要をお伝えします。

■ 具体的にどう変わる?

1)給与所得者の所得を基準にした変更

今までは、給与所得者(一般的にはダンナさま)の合計所得額が1,000万円以下(年収1,220万円以下)であれば、控除額は一律でした。
来年からは、給与所得者の合計所得額が3つにグループ分けされ、所得が多いグループほど、控除額が少なくなります。

また、今までは、合計所得額が1,000万円超の人たちも配偶者控除は受けることができていましたが、今後は受けられなくなります。

2)控除対象配偶者の所得を基準にした変更

今までは、控除対象配偶者(一般的には奥さま)の合計所得額が38万円超76万円以下であれば、配偶者特別控除の対象でした。
来年からは、38万円超123万円以下(年収103万円超201万6千円未満)となり、幅が広がります。

■ 事務手続きも変わる!

実は、金額だけではなく、事務手続きも変わるのです。
今までは、配偶者特別控除の対象となる場合は、「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」という用紙を勤め先に提出していました。
今後は、「給与所得者の配偶者控除等申告書」という用紙に変わります。
そして、配偶者控除か配偶者特別控除かに関わらず、控除の対象となるのであれば、こちらの用紙を提出することになります。

今回の改正がご自身にどう関わってくるのかを確認していただけたらと思います。