週刊マネーライフナビ Weekly Moneylife Navi

海外旅行の心強いお供

2018/06/23

こんにちは!田中です。

みなさんの夢って何ですか?

私がパッと思いついたのは「海外旅行」でした。
なんと、10年以上も海外に行っていないことに先日気づきまして・・・
夢で終わらせないために、できることを着々と進めながら、
「海外旅行に行く」
という現実を引き寄せたいと思います!

ということで、今日は、海外旅行の心強いお供、
海外旅行保険についてお伝えしますね。

■ 海外旅行保険とは?

海外に旅行する人向けに必要な補償がまとまった保険です。
出発前に代理店で加入する以外にも、
出発当日に空港のカウンターおよび自動販売機、
あるいはインターネットで加入することも可能です。

■ どんな補償内容?

海外旅行保険の主な補償内容は以下のとおりです。

(1)死亡(事故や病気による死亡。事故の場合は後遺障害も補償対象。)
(2)治療費用(事故や病気による治療)
(3)救援者費用(家族が現地に駆け付ける、被保険者を日本に移送する、などの費用)
(4)個人賠償責任(他人にけがをさせたり、他人の物を壊したりした場合の費用)
(5)携行品損害(持ち物を壊したり、盗まれたりした場合の費用)

上記の補償がすべてパッケージになったものと、
必要な補償のみを自由に選べるオーダーメイドのものがありますので、
ご自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

その際、海外だと費用が高額になる(2)(3)(4)に関しては
補償を手厚くすることをおすすめします。

また、個人賠償責任は、火災保険や任意の自動車保険の特約で
加入している方もいらっしゃると思いますが、
それが海外で適用されるかどうか、ぜひご確認ください。

■ クレジットカードに付いてる海外旅行保険は?

クレジットカードを持っていると、海外旅行保険が付いている場合があります。
ただ、いくつか注意点があります。

(1)利用付帯か自動付帯か
 旅行代金をカードで支払った場合のみ保険が適用される利用付帯と、
 カードを利用しなくても保険が適用される自動付帯がありますので、
 ご自分のカードがどちらか確認が必要です。

(2)補償が十分かどうか
 カード付帯の海外旅行保険には病気による死亡補償は付いていません。
 また、一般的に、治療費用や救援者費用は金額が低く設定されています。
 補償内容を確認し、必要に応じて
 オーダーメイドの保険で上乗せするようにしましょう。

(3)家族の分も補償されるかどうか
 カードによって、補償の対象者が異なります。
 本人のみか、家族全員が対象か、確認が必要です。
 家族旅行であれば、カード付帯にこだわらず、
 お得なファミリープランに入るというのも一つの方法です。

■ 知っておきたい「キャッシュレスメディカルサービス」

これは、現地での治療費を保険会社が直接支払ってくれるサービスです。
海外の治療費は高額になりがちなので、とっても助かりますね。
保険を選ぶ際には、こうしたサービス体制もチェックしましょう。

いかがですか?
これで海外旅行保険はバッチリですね!

私は次に、行きたい国のガイドブックを買って、
脳内シミュレーションしたいと思います(笑)