企業理念 会社案内

Mission~マネーライフナビの目指すもの

金融の世界を、設立当時と現状を比較してみると、規制緩和によりさまざまな金融商品が生み出されたものの、根本的な部分では変化していないと考えています。というのは、金融機関側からはあいかわらず、金融機関の論理で商品が設計され供給される。そして、それを使う一般の生活者はその使い方を十分にレクチャーされないまま購入する。もっといえば、自分の人生の中で必要かどうかも吟味しないまま(できない)購入してしまう。

お金に関する専門的な知識や情報以前に、生活レベルでそれらが整備されないと上手に金融商品を扱うことができません。日々溢れているお金に関する知識や情報を的確に受け取ることもできません。

一方で、金融機関も必要だと感じても一般の人たちにどのようにコンタクトすべきかがわかりません。このような状況では、市場の原理も成り立ちませんし、お互いが不幸です。そこで、一般の人たちに向けては生活に必要なお金の知識や情報を、生活習慣や知恵といったかたちでもかまわないので、吸収してもらいたい。 金融機関の方には、一般の人たちがどういう価値観を持って、どういう生活(生涯)を送るために何を欲しているかを知ってもらうこと。それによって、本当の意味での金融商品が生まれ、金融市場というものが正常に動いていくことになると考えています。

一般の生活者に必要な知識や情報の発信と、金融機関が一般の生活者が正しく、理解しやすく、使いやすい情報を発信するためのサポートを行うこと。これがマネーライフナビのミッションだと考えています

マネーライフナビの事業内容

マネーライフナビの事業のうち、現在、柱となっているのが、「コンテンツ制作」「セミナー」「個別相談」です。具体的には「個別相談」により一人ひとりに応じたマネーライフプランのお手伝いをする。「セミナー」では、必要な知識(知恵)や情報を提供する。

これにより一般の生活者がどのような金融商品・情報を必要としているのか、ほしがっているのかがわかります。これは、ライブで実際に接しないとわからないものです。これを繰り返すことで一般の生活者向けコンテンツの素ができあがります。これを伝えていくためにアプトプットとしてWEBのコンテンツや教材、出版物などを制作・リニューアルを行い、提供しています。

今までバラバラに存在していたお金の情報をとりまとめて、一般の人たちの目線から、体系立てた情報提供を心がけています。生活者の生の声を聞いた人間が、企画提案から執筆までのコンテンツづくりを一貫して行っていること。これは他社にはないマネーライフナビならではの強みといえるでしょう。これらは金融機関向けのサービスとしても形を変えて供給しています。