金融・マネーコンテンツの企画制作 Plan&Production

マネーライフナビの金融・マネーコンテンツ5つの特徴

1金融・マネーコンテンツでコンテンツマーケティングをサポート

コンテンツマーケティングにおける”良質なコンテンツ”の要素の一つに「現場感」があります。
情報や知識を列挙したコンテンツは一見、良質に見えますが、情報の出し手が伝えたいこと、リーチしたいターゲットが知りたいことのギャッップを埋めるコンテンツでなければ読者とのコミュニケーションは達成されません。

弊社は1996年の創業以来、一般個人のお客様のマネー相談で多くの声を耳にしてきました。
ユーザーのニーズはセグメントされたさまざまなタイプによって異なることを現場で知っています。
その経験が、金融・マネーコンテンツ企画制作の基準となっています。
豊富な現場経験から得たエンドユーザーに近い感覚と金融・マネーにかかわる専門性を合わせ持ちながら「わかりやすく、役に立つ、そして自ら行動できる」が創業以来のコンテンツポリシーです。

2ファイナンシャルプランのプロと制作のプロのコラボレーション

コンテンツマーケティングに必要な良質なコンテンツとは、専門性がありながらもわかりやすく、よみやすく、読者が知りたいと思うコンテンツのことです。ターゲットが必要とする情報を知っている弊社のファイナンシャルプランナーは、専門性を担保しながら読者のニーズにあった企画、構成、執筆を得意としています。一方、制作のプロはそれらを編集、リライト、デザインすることを得意としています。弊社の金融・マネーコンテンツ企画制作チームは、ファイナンシャルプランナー(FP)をはじめ、各分野専門家とプロのライターや編集者、デザイナー、そして監修者でチームを組んで実施し、より良質なコンテンツ制作を行います。

金融・マネーコンテンツ企画、製作時のチーム編成例

【金融・マネーコンテンツ企画、制作時のチーム編成例】

3知識や情報だけではない、”行動できる”金融・マネーコンテンツ

コンテンツマーケティングとは読者が必要とする情報を提供し、自社のファンになってもらい自社の利益になる行動をしてもらうための手法です。そのためのコンテンツには「具体性」が必要です。
金融・マネーコンテンツの主力は、知識や情報をまとめた記事コンテンツですが、それを活かして読者が行動できる具体的なコンテンツである必要があるでしょう。
弊社では、長年のファイナンシャルプランの実務経験から、ユーザーが行動するために必要なコンテンツの“ツボ”を押さえています。

コンテンツ例
4豊富なリソース、そして楽しく真剣な金融・マネーコンテンツ

弊社には長年の相談実務、セミナーで企画制作した豊富なコンテンツのリソースがあります。それらをアレンジすることでご要望に応じたあらゆる角度、切り口からの企画立案が可能です。また、豊富なリソースは、テキストコンテンツだけではなく、動画、マンガ、アプリなど“楽しく真剣な”コンテンツへアレンジされます。

コンテンツ例
5”多数”の人が見えるコンテンツ

弊社代表が同じく代表を勤めるFP-RECOと連携して、多数のファイナンシャルプランナー(FP)で多数の意見や情報を発信します。レビューコンテンツ、キュレーションコンテンツ、多数のファイナンシャルプランナー(FP)によるコラムが好評です。誰が何をどういった理由で発信しているのか。基準が明確で顔が見えるコンテンツはエンドユーザーの行動につながります。

コンテンツ例